住宅の床にラグを用意してメリットのある生活をしよう

寒い時期になるとフローリングの部屋は冷たくて辛いですね。そんなときはセンターラグを敷きませんか?

フローリングの部屋にはセンターラグがベスト

住宅の床にラグを用意してメリットのある生活をしよう ラグがあるとリビングや子供部屋、寝室などに利用することができます。ラグと聞くとピンとこないかもしれませんが、部屋の位置部分に置くことができる敷物です。部屋の敷物というとカーペットを思い浮かべますが、カーペットとラグの違いは大きさにあります。部屋全体に敷き詰めたいときはカーペットを使用し、部屋の中央や端の一ヶ所に敷きたいときはラグを使用することになります。つまり、ラグの方がカーペットよりも小さい敷物という違いがあるのです。ラグの場合は大体3帖程度となっています。

畳が敷かれている和室であれば、あまり使用することはないでしょう。しかし、洋室の場合は床がフローリングになっているため、冬の寒い時期になると冷たいでしょう。センターにラグを敷くだけで、座ったり寝転んだりすることもできるようになります。毛足の長いラグなら、ふわふわして気持ちいいですね。冬のリビングには欠かせない一品と言えます。フローリングの部屋で赤ちゃんや小さい子供を遊ばせるときは、転んでケガをすることもあるので目が離せないでしょう。ふわふわのラグの上なら衝撃を和らげれくれるので安心です。ワンシーズンで数枚準備しておくと、クリーニングに出している間に取り替えながら使用できますね。
Copyright (C)2017住宅の床にラグを用意してメリットのある生活をしよう.All rights reserved.